実印に縁起を担ぎすぎるのも考えもの

海外では自分自身を表す手段として「サイン(オートグラフ)」が主流となっていますが、日本ではやはり印鑑、なかでも実印が自分自身を表す手段となっています。
そのため、日本では実印を自分の身代わりと考える傾向があります。
実印の書体を八方広がりの「印相体」にしてみたりするのも、実印を自分の分身として考える思想に基づいた、一種の縁起担ぎなのです。

でも、実印というのは、本質的にはあなたの身分を証明する手段であって、決してあなたの分身ではありません。
書体に凝るぐらいならいいのですが、あまりにも縁起を担ぎすぎるのはちょっと考えものです。
印材にあまりにも高価なものを使用したり、印影のちょっとした点を重箱の隅をつつくように拘泥したり・・・

そのような「変な縁起担ぎ」の最たるものが、印鑑を使った詐欺。
「あなたの実印の印影は呪われているから、作り変えないと天罰がくだる」などと脅して、不当に高価な印鑑を買わせる詐欺が跡を絶ちません。
これは、日本人の多くが、実印に対して必要以上に感情移入していることから起こるもの。
でも、はっきり断言しますが、印鑑の印影がどうなっていようが、あなたの運命とは全く関係はありません。
所詮はんこははんこです。それ以上のものではありません。
実印は、実用品。そのことを忘れずに。

おすすめ実印作成ランキング!
はんこプレミアム(Yinkan.com)
はんこプレミアム
ハンコマン
印鑑通販サイト【ハンコマン】
はんこdeハンコ
はんこdeハンコ
ハンコヤストアドットコム
ハンコヤドットコム
ハンコヤドットコム