手彫りと機械彫り、どちらがいいの?

実印を作成する場合、ショップによって手彫りで作成するお店と機械彫りで作成するお店があります。
それぞれメリットとデメリットがあります。
まず手彫りの場合は、デメリットとして価格がどうしても高くなる、ということがあります。
また、職人が時間をかけて彫るので、納品までの日数も数週間かかる場合があります。
このように、手彫りの場合はお金と時間がかかる、と思ってください。
ただ、仕上がりについてはやはり手彫りのほうが美しくできるのは間違いないです。
機械彫りの場合はどうしても彫りが浅くなってしまい、また彫りの形も画一的なので、印影の趣という点では手彫りに軍配が上がります。
また、耐久性ということで言っても、機械彫りよりも手彫りのほうが長持ちする、とされています。ただ、これに関しては、実印を毎日のように使う人はそう多くないと思われるので、機械彫りだからすぐ欠けてしまった、ということはあまり起こらないので、そう心配する必要はないかもしれません。
もちろん、機械彫りのほうが、価格も安いですし、納期も短いです。

基本的に、ネットで実印を作成する場合は、まず機械彫りだと思って間違いないです。特に、短納期のものは100%機械彫りです。
手彫りの場合は、「完全手彫り」と明記されています。でも、完全手彫りというのは、ネットショップの場合ほとんどないのが現状です。

また、手彫りと機械彫りの良い所をとって、主な彫りを機械がおこない、仕上げだけ職人が仕上げる、という場合もあります。
「職人が丁寧に仕上げています」と書いてあれば、だいたいこのパターンだと思っていいでしょう。

このように、手彫りと機械彫りには、どちらもメリットデメリットがありますが、実印に対して、個人を表す宝物としての価値を求めるのであれば手彫り、実用品として考えているのであれば機械彫りでもいいのではないでしょうか。

おすすめ実印作成ランキング!
はんこプレミアム(Yinkan.com)
はんこプレミアム
ハンコマン
印鑑通販サイト【ハンコマン】
はんこdeハンコ
はんこdeハンコ
ハンコヤストアドットコム
ハンコヤドットコム
ハンコヤドットコム